社風について

お客様と共にビジネスを生み出す
環境、風土がFAEにはある。

現場が好きで、
一緒に未来をつくるお客様とは仲間。

社名に掲げている「エンジニアリング」という言葉に、私たちは誇りを持っています。「エンジニアリング」とは、お客様と一緒に悩み、共に新しい突破口を見つけることだと定義されているから。だから、現場にとことん張りついて仕事をする。そんな社員を見て、お客様から「そこまでしてもらえるの?」と驚かれることも多いです。そして、現場を見ることなく一方的に「こうしたらどうですか?」という提案をすることもありません。それほど、FAEには現場が好きな人が多いのです。自らの目で現場を見て、何が起きているかを深く理解した上で、お客様と課題の解決方法を考えていく。FAEにいるのは、単なるシステムエンジニアやハードエンジニアではありません。お客様と業務について対等に会話できるからこそ、お客様から相談されやすく、新しいことを一緒にやっていく仲間という存在です。

風通しが良い。
だから、自由というチャレンジをみんなが後押ししてくれる。

当社の良いところは、上下関係がなく、経営も含め決断までのスピードの早いところです。また、以前、お客様へ新しい価値を提供するために、グループ企業だけでなく、スタートアップやベンチャー企業とも積極的に提携して、自由にモノづくりを行いました。自由にお客様と議論し合うという風土が生まれ、それが今や、お客様からの期待にもつながっています。さらに失敗しても、次につながれば決して失敗ではないという考え方を持っている人が多いのがFAEの特徴の一つ。やりたいことをさせてくれる寛容さと前向きな姿勢があり、上司やプロジェクトメンバー、お客様と議論を重ね、アイデアを出し合いながら、共に、やりたいことにチャレンジしていく。これまでも、みんなそうやってチャレンジしてきました。

技術集団で終わらず、
ビジネスを生み出す“デザイン集団”でもありたい。

こんな私たちが目指すのは、ICTやAI、IoTなどのテクノロジーを使って、社会にもっとイノベーションを起していく集団です。そうなるために私たちは、すでに社内でも様々な取り組みを行ってます。例えば、モノづくりの楽しさとノウハウを伝えることを目的にした「ものづくりメカトロ道場」では、ベテラン技術者を講師に迎え、自ら発案した機器を製作しています。また、若手社員を中心に、海外のICTに関する展示会を見学する研修もあり、さらに、ハッカソンも開催しています。最近取り組んだテーマは「いかに東北にお客さまを集めるか」というもの。このテーマから、東北の酒蔵巡りを行うスタンプラリーというアイデアが生まれ、東北を知ってもらえるアプリ「クラカラ」の開発が始まりました。このプロジェクトでは、若手が自ら酒蔵を巡り、杜氏(とうじ※酒蔵の製造責任者)に話を聞くなど、技術以外にビジネスのつくり方を学び、実践する場としての意味も大きいです。こうした取り組みを通して、私たちが求め目指しているのが、ただ技術的に先端なだけの集団ではなく、ビジネスそのものをデザインできる人材の輩出。技術もビジネスも学び挑戦できる。こうした環境の中で、一緒に、未来をつくりましょう。