社員紹介

2年目に、一人で任された経験が
エンジニアとして目指したい道を教えてくれました。

田坂 有史
2014年入社 デジタルエンジニアリング本部
田坂 有史
日々スキルアップを目指し、資格取得や語学力アップに向けて、同期と一緒に勉強をすることも。休日はジムに通ったり、FAEの社内イベントに参加している。

システム開発の全ての工程に
関われるのが、FAE。

私は、大学で機械情報系を専攻し、まさにソフトウェアとハードウェアの両面を学んできました。もともと、好奇心旺盛で色々なことをやりたいタイプ。就職活動でも機械系メーカーとICT企業の2つで悩みました。結果、学んできたことが直接活かせるFAEへ、ハードエンジニアとして入社。そしてすぐに、この会社ならモノづくりの全ての工程が経験できることにも気づきました。例えば、上流工程だけに関わると、場合によっては実際の現場を見ることができず、決められた型に沿った計画をつくるだけで終わってしまう。しかし、FAEであれば、計画するのはもちろん、システム開発もでき、使われる現場まで見ることができる。そんなリアリティを感じながら技術を高めていける場所が自分には合っていると感じました。

ハードエンジニアとしての初仕事は、
次世代ネットワークにおけるソフトウェアの検証。

私が最初に配属されたのは、富士通グループの研究所でした。そこで、次世代ネットワークにおけるソフトウェアの検証を行うことに。しかし当時の私に、ネットワークの知識はあまりなく、トレーナーの先輩に教わりながらのスタートでした。そして、2年目にトレーナーが別件にアサインされ、なんと一人で担当することに。任されたのは、大規模なプログラムの改造でした。プログラムは学んできましたが、ここまで大きなものは初めて。納期を考えると、まず仕事の進め方から考えないといけない。さらに基礎知識も足りないので一人では到底、解決できない。そこで、周囲の先輩や知識がある人へ声をかけ、困ったら聞くことができる関係をつくりました。疑問にぶつかるたび、仮説を立てて聞きに行くことにより、教えてもらうためのコツのようなものを身につけることができました。
田坂 有史

プロジェクトマネージャーとして、人を動かす経験を積んでみたい。

この時は、開発を行いながらプロジェクト管理やお客様とも会話するプロジェクトマネージャーとしての経験も積むことが出来ました。初めは難しかったお客様との会話も、助言をもらえたり求められたりするように変わってきました。だから、案件が無事に終わった時には、達成感とともに多くのことを得られて、プロジェクト管理の重要性を感じました。近い将来、自分がプロジェクトマネージャーとなり、案件を動かしてみたい。そう考えるようになってから意識して「自分がプロジェクトマネージャーだったら、どう指示を出すのか」と想像するようにしています。以前、展示会向けのプログラム作成で、新人に対して指示をする際に、思うようにいかなくて挑戦心を煽られました。その人の背景を考えて指示を出し、リスクを予測して管理する。そんな経験を積みながら、さらにエンジニアとしても人としても幅を広げていきたいと考えています。
水田 夏美
デジタルエンジニアリング本部
水田 夏美

切磋琢磨しながら、お互いを高めていきたい。

田坂さんと私はハードエンジニアとして、隣同士の部署に配属。入社2年目の時には、ハードエンジニアの業務で使用することが少ないRubyというプログラミング言語を一緒に勉強しました。上司からエンジニアとしての武器を増やすために学ぶことを勧められ、その成果をカタチにするため、展示会に出展する簡単な組み込みシステムを協力しあって開発。無事に完成しただけでなく、話し合うことで、より多くを学ぶことができたので、同期のありがたみを改めて強く感じました。また、田坂さんの技術スキルの高さや意識の高さに刺激を受けています。同期ということもあり、負けなくないという気持ちもありますが、同期を大切にしてこれからもお互いに切磋琢磨していきたいです。