社員紹介

製造業、デザイン、UX。
視野を広げながら、子育ても両立させたい。

夏山 綾子
2012年入社 産業ビジネス本部
夏山 綾子
3年目の時に社内のハッカソンに参加して、VRで世界中をエアロバイクで走る企画を形にした一人。今は、娘と遊ぶことが一番の楽しい時間となっている。

幅広い事業領域を持つ、
ユニークなFAEに惹きつけられて。

FAEに興味を持ったのは、ソフトウェアとハードウェアの両方に強いということ。さらに調べると、事業範囲が広くお客様の業種も多彩。他社は金融系に特化していたり、業務系が中心などと強く打ち出されていたため、経験できることの幅が狭いように感じました。その点、FAEは宇宙から流通やモノづくりの現場まで経験できる。これは面白そうだと感じ、ここで働いたら視野も広がるだろう、と入社を決めました。そして配属されたのは、関西支社。正直、いきなりの転勤で驚きましたが、早々に視野を広げることができました。そこで、担当したのはポンプメーカーの製造実行システム(MES)の開発。システムを開発することも製造業のことも初めてづくし。開発スキルを学びながら製造業についても勉強する、かなり濃い新人時代を過ごせたと思います。

エンジニアとして、もっと深く、製造業のお客様を知りたい。

その後、カスタマイズ案件を一人で任されるようになった頃に東京へ戻り、社会インフラ関係のクラウドシステムを経験。5年目に出産を経て、再び製造実行システム(MES)と関わっています。この仕事は開発というよりは、当社の製品であるMESのパッケージソフトのためのプロモーション。展示会などでパッケージソフトのデモンストレーションや、お客様への製品紹介を行うなどしています。エンジニア時代の経験を生かして製品を広めていくのですが、自分の中では、まだ製造業への理解が浅いなと感じることもあります。何しろモノづくりの世界は奥が深く、業種によっても製造の方法は異なります。そのため、お客様が「こんなことで困っている」といった深い会話になると、「勉強が足りないな」と感じることもしばしばあります。そのため、子育てが一段落したら、お客様の業務について実際に見たり聞いたりすることで、もっと深く製造業に関わっていきたいと考えています。
夏山 綾子

時短勤務とテレワークで、働きながら、次のキャリアをつくる。

私は1年の育児休職の後に復帰しましたが、周りはとても協力的でいつも温かくサポートしてもらっています。また、雰囲気もフランクで、上司から積極的に声をかけてもらっています。妊娠を告げた時も、子育てと両立しながらキャリアも高めていこうね、とアドバイスをもらい、先日もUXやデザインに関する勉強ができるよう、富士通デザインへの常駐を勧められました。私もチャンスに尻込みするのではなく、どんどん吸収していきたいなと考えています。今は、9時半から16時半までの勤務をしながら、月に3、4回程度テレワークで自宅勤務。その一方で、私のような働き方で成果を上げることは、会社にとっても挑戦の一つ。そう捉えて、私自身も前向きにチャレンジを楽しんでいる最中です。
大竹 洋介
産業ビジネス本部 マネージャー
大竹 洋介

夏山さんは、いつも前向き。

産前産後休暇・育児休職を経て今、時短勤務の中で、富士通グループのアジア拠点との関係づくりを始め、どんどん新しい仕事に挑戦してもらっています。また、テレワーク制度にも試験的に取り組んでもらっており、メールやパソコンの画面共有を使用し、普段と変わらないパフォーマンスを発揮してくれるので頼もしいです。夏山さんへの今後の期待としては、これまでの経験を活かして、展示会で新しいお客様のニーズを引き出す情報発信役になって欲しい。また、富士通デザインでのUX研修を活かして、システムの直感的操作力、色合いなど、使う側に立ったデザインの考え方を、社内に展開してもらいたいです。